2016年07月19日

単に育毛と言うけれどそんな簡単なものではない

私は元々猫っ毛で髪の量がそう多くはなかったが極端に少なくもなかった。
しかし子供を産む度に段々薄くなる髪よ何だか見られたくないつむじが剥げているかのように見えてきたのはいつ頃だったろう?

こうした悩みの女性は意外と多いみたいだ。
私は30代女性で、もともと髪の毛は細かったのですが、最近風呂上がりに鏡を見ると、なんか地肌が見えるなあと思うようになりました。

引用: 地肌が見える女性.xyz

例えばスーパーのエスカレーターの上から自分のつむじを見られたら恥ずかしいなそう思うようになっていた。
そして育毛剤と言う言葉に妙に敏感になった30代後半、テレビのコマーシャルで宣伝していたある育毛剤に興味を示したのは私と私の母親である。

二人で一緒にその育毛剤を購入してみた、柑橘系でスキッとするし続けているうちに抜け毛が少なくなっているような気がするけれどこの商品は約5000円なので使い続けていくには育児中で出費は出来るだけ抑えたい私としては3本使ってやめてしまった。

その理由の一つとしては、コマーシャルでは髪の毛が太くなって生えてくると宣伝効果をうたっていますが現実はそう甘いものではない。

ならばと始めたのは頭皮マッサージ、私は以前全身マッサージを受けてみた時頭皮が固いと言われたことがある。
頭皮が固いと抜け毛が起こりやすいらしいので出来るだけ柔らかくするためにシャンプーの際ゆっくり頭皮を揉み解す様に洗うよう心がけてみた。

するとどうだろう?大分抜け毛が治まったような気がする。

しかし数年後中年期を迎えると今度は更年期による抜け毛が起こり始める。
あららあららと言うほどに洗うたびに抜ける髪、このまま禿げるんじゃないかと何度思った事か、そう思いながら過ごしているといたちごっこな気がしている。

要するに育毛は私の永遠のテーマになりそうだ。
posted by 頭痛 雨 at 17:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: